TVEC入賞
 2/12、東京ヴォーカルアンサンブルコンテスト(TVEC)の一般部門に出場し、
昨年に引き続き銅賞を受賞しました。

 以下、各審査員の先生方の講評と点数です。

有村祐輔先生
 時として音楽が停滞します。もう一歩ハーモニーの透明感が足りないようです。
 各パートの実力はかなり高いように見受けますが、アンサンブルとして、
 今ひとつまとまりがよくないようです。
 あとは歌詞の発音が不明瞭です。

桑原妙子先生
 神経の行き届いた演奏です。が、もうひとつふみこんで演奏したら
 如何でしょうか? 一歩手前で止まっているようで残念です。
 (例えば かなしみのいろ と あこがれのいろ は違う.いろ.だと思うのですが。)
 フレーズ最終和音ももっと決まるといいですね。

信長貴富先生
 ・やわらかいひびきが美しく、魅力的。
 ・各声部がよく溶け合っている。
 ・表現としてあと一歩突き抜けてくるものが欲しい。
  発語と音色にそれが現れるといい、と感じた。

長谷川久恵先生
 とてもていねいな音楽作り。一音一音大切に扱っている。
 流れも良い。もっと緻密さを求めたいです。
 一音をめざすのでなく、4声の和音へ関心とイメージを強く持っていただきたい。
 その辺りの不足は特に一曲目でけんちょ。

宮本益光先生
 Sop.にいい発声の方がいる!!
 男声も安定感があって良いですね。ただ弱い声になると少し軽くなり、
 メロディーになるとややこもるときがあります。
 楽器が変化した印象を与えるとよくないですよね。
 全体に息を吸われる直前のensembleが甘くなり、その他が良いだけに
 実にもったいないと思いました。
 ただチームとしてのサウンドは柔らかくステキだと思いました。
関連記事
スポンサーサイト
2008/02/14(Thu) | 演奏会情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mclocus.blog60.fc2.com/tb.php/93-ed6906cd
前のページ ホームに戻る  次のページ