スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
練習メモ10-1114
○ 日時 2010年11月14日 18:00~21:00
○ 場所 新宿元気館サークル室
○ 出席 女声6、男声6



○ 練習内容
 18:00-18:30 金子みすずの八つのうた 1~4

 V.T.はせずに確認の為のアンサンブルを行った。


 18:30-21:00 金子みすずの八つのうた 1~6(川合先生)

全体的な事
・言葉のニュアンス、抜きかた。
・金子みすずの詩はシンプルで当たり前の事を言っている印象なので、それぞれに感動を。
・調性があまり変わらないので、語感でしっかり表現する事。


私と小鳥と鈴と
 冒頭4小節は、3小節目に頂点を持ってくる。
 「きれい」は押し付けずに、細い音のイメージ。
 「お空」の下降跳躍は押さない(Sop.)。
 「あの鳴る」で「の」を抜いて「あの、鳴る」と分かるように。
 「早く」のH子音を素早く。
 「走れない」のスタッカートは、スラーの中でのスタッカートとして処理。
 「揺すって」はYを前に出して揺れてる感じ。「って」は抜く。
 「知らないよ」の「よ」は収める。
 2括弧後、収めた音量からスタートする。
 「それから」の「そ」で女声3度をしっかり。
 「みんな」のNは前に響かせる。
 「ちがって」の「ち」、Bass音程。(下降の○半音/×全音)
 「いい」を意味が伝わるように。(先の「い」に力点、テヌートっぽく)
 終和音、アルト下が聞こえてよい。

おさかな
 2/2の印象(4/4ではなくて)
 「かわいそう」の語感は、最初の「い」の抜き方で表現。冒頭は天真爛漫に。
 「お米は」、Sop.の3度を低めに。(純正律的に)
 「おいけで」で、pくらいにdim.して、「ふを」でmpに戻る。F。
 「海」は「膿」にしない。「い」を平べったくしない。
 「なんにも」の「に」を引く。
 アルトの半音階は明確に(A→As→G)
 「いたずら」の「い」は出す。
 「さかなは」のBass音程(全音)。全体の和声進行。
 最後の「かわいそう」はKHAのように息を混ぜる。直前の休符でニュアンス。
 「そ」で押さない。

もういいの
 テンポは4分音符=120ではなくて、付点4分音符=120
 「まぁだだよ」の食いつきが早くなりすぎない。
 「ま」は出して、後の「だ」が強くならないように。
 「かげ」は鼻濁音。
 「こども」のmpはしっかり落とす。
 「かくれんぼう」と「小鳥」は、語感の処理を変えて。
 29小節3拍目のluは少し抜く。(軽いdim.)
 転調後の音程をしっかり取る。
 34、36小節のAsオクターブしっかり(男声)
 44小節D高め(Ten.)
 46小節As高め(Alt.)
 最後のdumはアクセントをしっかり出す。ボイパのイメージ。

水と影
 「おそら」が「大空」に聞こえないように。「ら」が強くならない。
 「かげ」のCis高め(Sop.)
 「みずのなかに」で、pくらいにdim.して、「いっぱい」でmpに戻る。
 5~6小節、D→Dis高すぎないよう(Bas.)
 「ふち」「こだち」の「ち」の処理を考える。
 4連符は32分音符で3+3+3+3に分割。
  (もしくは直前の休符で2分割しておく)
 数えすぎて跳ねない。柔らかく。
 「ちらちら」は「ら」側で抜く。
 「あかるい」の「か」は柔らかく。「あ軽い」にしない。
 「揺れてる」はYを前に出して揺れてる感じ
 「つつましい」つつましい感じ。
 AltとTenの受け渡しC→H→B→H→C→Cis。
 最後のHumを強くせず同じ音色で。寧ろ鼻に逃がす。

報恩講
 怖い行事ではない。かといって楽しく跳ねすぎるのもどうかと。
 12→13小節のAs→C注意(Alt.)
 12→13小節のCresc.は大胆に(大仏を見上げるかのように)
 17小節のD→A高め(Sop.)
 19~20小節のTen.音形が変わっている件は、作曲家に聞いてみる。
 (とりあえず譜面どおりに進めておく)
 「しっとり」はスタッカートあるけれど跳ね過ぎない。
 「叱られる」の語感。
 「だけど明るく」はレガート気味に。
 「ふけて」はベタベタに歌わない。「け」を無声音気味に。
 「何か嬉しい寝られない」は言葉が前面に出るように。
 41~42小節のdim.は大胆にエコーの表現。
 「カラコロ」はKの子音をしっかり出す。
 最後はsoliが聞こえるようボリューム制御。
【参考】
報恩講(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%B1%E6%81%A9%E8%AC%9B

さびしいとき
 ちょっと歌ってみるだけ。
 10~12小節、和音進行注意
 終和音、D音はある程度出てよい(Alt.)


○ 次回練習  11/28(日)18:00~ 昌平
関連記事
スポンサーサイト
2010/11/20(Sat) | 練習メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mclocus.blog60.fc2.com/tb.php/209-97e53447
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。