練習メモ10-0912
日時:9月12日(日) 18:00~21:00

出席者:女声7 男声4 見学2

内容:
18:00~18:30 V.T. ]
・ビームのように,声を前の方向にも響かせて。
・マレット(木琴等のばち)で頭部の中の息をあてる箇所をたたいているつもりで。
・5人くらいの小人が無事とおりぬけられるくらい顔の中をあけて。
・口の前の噴水の水が,いつも勢い良くふきでているつもりで。
・頭部の外側の空間の内側の“つ”のラインに息を沿わせるつもりで。

18:30~21:00 「若者たちの悲歌」
 1 おべんとうの歌
 ・1~31小節がひとつのまとまり。32小節目から歌詞が最初にもどる。
 ・42~45小節目までのリズムに気をつける。
 ・46小節目から最後まで バスは半音での動きが多い。音程に気をつける。
 2 父の唄
 ・1~34小節がひとつのまとまり。
 ・35~48小節3拍目までがひとつのまとまり。
 ・テンポの変化に気をつける。
 ・主旋律をどのパートが歌っているのかを考えて、バランスをとる。

○2曲を通して
 ・言葉の発音に気をつける。→言葉のはじめは立てる。特に,聞かせたい言葉。
 ・音程に気をつける。→ユニゾン,和音,ぶつかるところ。
 ・強弱記号,強弱変化記号に気をつける。→意味がある。各声部のバランスをとる。
 ・その他の記号や指示に気をつける。→“そのように聞こえるように”歌う。
 ・言葉や文からイメージを持って歌う。

次回練習
 9月26日(日) 18:00~21:00 昌平童夢館(集会室)。川合先生による指導。
関連記事
スポンサーサイト
2010/09/20(Mon) | 練習メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mclocus.blog60.fc2.com/tb.php/202-0fd86a4e
前のページ ホームに戻る  次のページ