練習メモ10-0207
日時: 2/7(日) 18:00~21:00
場所: 昌平童夢館 家庭科室
出席者:女声7 男声6

練習内容:
18:00-18:30 V.T.

18:30-21:00 [川合先生]

♪死者の贈り物
1、あなたのような彼の肖像
・39ページの歌詞を見て、句読点を確認し、そのニュアンスがきちんと歌に込められるように。
 (ex.いつも「、」←!!夢を見ていた。)
・出だしのハミング、音型に合わせて音量をしぼっていくように。
・23小節目のハミングは退かずに前に響かせて。
・31小節目「怒り狂う」ように。
・38小節目ソプラノはなめらかに。
 以下、度々出てくるソプラノのみが歌詞を持つときは、きれいにユニゾンになるように!
・44、45小節目「なのだ「、」←と いつも「、」←」。読点あります。
・54小節h-moll決めましょう。
・62小節A-durになる理由は!?
・78小節から4小節間ハーモニーの練習
・117小節目3パート同じes音になるはずだ。

♪2、ノーウェア、ノーウェア
・白石加代子を参考にしてみるとイイヨ!?
・ルラはlu>la。
・言葉のアクセントがつくとおかしい場所にアクセントがつかないように神経をつかって。
 特に拍頭にアクセントがつくとおかしい言葉があるときに注意
 (ex.3、4小節目「どこ」「 ない」)。
 音型に合わせて抑揚つけるとおかしいところもあります(ex.13小節目「いない」)。
・よく出てくる言葉ですが、「人生」は、「じ<んせ<い」ではなく、「じ>んせ>い」気味に。
 でも、「じんせい」と単語に聞こえるように。
・9小節目「ずーっと」スラー。
・40小節目、a-mollへの転調決める!
・41小節目「もーくーてーき」。
・52小節目「ここから」のあとに読点アリ。
・ソプラノ最後のルルルは、ル>ル>ルな感じで。


次回練習:2/14 築地教育会館「音楽室」
関連記事
スポンサーサイト
2010/02/10(Wed) | 練習メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mclocus.blog60.fc2.com/tb.php/173-8d15fe6d
前のページ ホームに戻る  次のページ