練習メモ10-0926
□日時: 9/26(日) 18:00~21:00 昌平童夢館 集会室
□出席: 女声8 男声5

□練習内容
18:00~18:30 V.T.

18:30~21:00 [川合先生]
・若者たちの悲歌「おべんとうの歌」「父の唄」

□次回練習
 10/3(日) 18:00~21:00 昌平童夢館 家庭科室
 ・若者たちの悲歌 3.4
 ・Finzi の続き
スポンサーサイト
2010/09/30(Thu) | 練習メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月の練習予定
10/03 18:00-21:00 昌平童夢館・家庭科室
10/24 18:00-21:00 昌平童夢館・家庭科室
10/31 千代田区コーラスフェスティバル参加(日経ホール)
    出演時間はは15:40頃の予定。
    18:00-21:00 昌平童夢館・家庭科室
2010/09/30(Thu) | 練習予定 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
練習メモ10-0912
日時:9月12日(日) 18:00~21:00

出席者:女声7 男声4 見学2

内容:
18:00~18:30 V.T. ]
・ビームのように,声を前の方向にも響かせて。
・マレット(木琴等のばち)で頭部の中の息をあてる箇所をたたいているつもりで。
・5人くらいの小人が無事とおりぬけられるくらい顔の中をあけて。
・口の前の噴水の水が,いつも勢い良くふきでているつもりで。
・頭部の外側の空間の内側の“つ”のラインに息を沿わせるつもりで。

18:30~21:00 「若者たちの悲歌」
 1 おべんとうの歌
 ・1~31小節がひとつのまとまり。32小節目から歌詞が最初にもどる。
 ・42~45小節目までのリズムに気をつける。
 ・46小節目から最後まで バスは半音での動きが多い。音程に気をつける。
 2 父の唄
 ・1~34小節がひとつのまとまり。
 ・35~48小節3拍目までがひとつのまとまり。
 ・テンポの変化に気をつける。
 ・主旋律をどのパートが歌っているのかを考えて、バランスをとる。

○2曲を通して
 ・言葉の発音に気をつける。→言葉のはじめは立てる。特に,聞かせたい言葉。
 ・音程に気をつける。→ユニゾン,和音,ぶつかるところ。
 ・強弱記号,強弱変化記号に気をつける。→意味がある。各声部のバランスをとる。
 ・その他の記号や指示に気をつける。→“そのように聞こえるように”歌う。
 ・言葉や文からイメージを持って歌う。

次回練習
 9月26日(日) 18:00~21:00 昌平童夢館(集会室)。川合先生による指導。
2010/09/20(Mon) | 練習メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
公開練習2010について
【公開練習のお知らせ】


 「合唱団の練習を気軽に覗いてみたい」
 「見学したいけれど、なかなかタイミングがつかめない」
 「他の団はどのような練習をしているのだろう」

 という声に応え、混声合唱団Locusでは公開練習を行います。


 日時 : 9/12(日) 18:00-21:00
 会場 : 文京区勤労福祉会館 第3洋室
 内容 : 「若者たちの悲歌」(高嶋みどり) より

 田端駅に17:40に来ていただけましたら、団員が会場まで誘導します。
 (直接現地にお越しいただいても構いません)



 この機に、是非お越しください。
2010/09/11(Sat) | Locus | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
練習メモ10-0905
日時:9月5日(日) 18:00~21:00
場所:昌平 家庭科室
出席者:女声7 男声4 見学1

内容:
18:00-18:30 V.T.
 tの子音がアメリカ人と日本人では異なるということを再確認。


18:30-19:30 新実2,5,6
 2「おさかな」
  うみ おこめ うし等母音ではじまるところをしっかりと。
  15小節の休符を忘れずに。 
  44小節の1拍目はしっかりめ。
 5「報恩講」
  始めのルルルはねないように。
  「お番」は番のほうにアクセントということで決着。
  11小節の前でブレス。
  17,19,21小節の4拍目はmfのままおとさないように。
  28小節の強弱はしっかり。47小節「カラ・コロ」
 6「さびしいとき」
  3拍目が重くならないように。
  24,40小節はアルトを聴けるように。

19:40-21:00 Finzi3,4
 2曲とも母音の発音を練習。


次回
09/12 文京区勤労福祉会館 第3洋室(最寄り駅は田端か駒込) ※公開練習
2010/09/10(Fri) | 練習メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る